top of page
  • 執筆者の写真ふじおかんたろう

不思議な体験


連日、デザイン作業をしている。

夏が好きなので、早く梅雨があけないかと思っている。

そんな引きこもり作業の最中、友達が家に遊びにきた。

そのあたりから、頭が変になった。

その日はもう、すぐに、作業をやめにした。

夢で見たことあるようなイメージが頭に湧いては消え、湧いては消え、止められない。というか、脳内の無意識の扉がバンバン開いて、イメージが勝手に歩いては別の扉から消えていくような。夢みたいな。イメージには物語があったり、やらなければいけないことがあったり、まあ荒唐無稽で、夢みたいな。そのイメージがパッと浮かんだ時は、完全にその質感に囚われるのに、イメージが扉から去ってしまうと、さて、自分は何を今見ていたのか?分からなくなる。

さっきまでなんのデザインの仕事をどんな目論見をもってやっていたのか、それまでの実感もすべてとんでしまい、夢みたいな妄想ばかり、どかどかと僕の脳内にやってくる。

あまりに強いイメージ(悪夢の実感)が来ると、僕は怖くなって「あ、これ、だめだだめだ」とか言いながら部屋を飛び出して、外を10秒ほどウロウロしたりした。×3

何かの霊でもついたかな?と不安になったし、あれ?これこのまま戻ってこれない?とも不安になった。少し落ち着いて、「ふう、なんだっけ、☆☆のことは幻想だから、○○のことをさっきまで考えていたんだな、その実感はあるぞ」とか頭を過ると、それもまたたまたま脳裏を通り過ぎたイメージに過ぎなかったりして、結局ドアからバタンと消えてしまう。

起きながらずっと夢を見ていたみたいだ。

その後少し外をプラプラして、友人と焼肉を食べてカラオケに行ったら、すっかり元どおりになった。(と僕は思っている)精進落とし。

ふーむ

こんなことはじめてだ。なんだろうこれ。

なんですか?これ。

以下は、その時の僕のスマホのメモ↓

夢と現実が混濁している。こんなことはじめてだ。急に、現実の現実感が、、とにかく、、ない。そして、きっと夢で見たようなことが、どんどん脳内を通り過ぎていく。起きているのに寝ているみたいだ。なんだこれ。 急に。なんだこれ。 現実感がない。 ずっと夢の中にいるみたい。 あれ? なんだこれ? 疲れてるのかな。 現実の記憶が飛んでいって、夢の中の出来事がどんどん流れてくるみたい。あれあれあれあれ??? さっきまで何してたんだっけ。デザイン。。あれあれあれあれ?? デザインしていた時の質感が思い出せない。 疲れてるのかな。熱中症かな。あれあれあれあれ。 夢の中の体感が続々とやってきて、起きているのか、眠っているのかわからない。あれあれあれあれ。さっきまでやっていたことと違うことが、ついさっきの記憶のように思い出される。 身体に残っている質感がとにかく、さっき起こったことでは決してないのだ。でも、すごく近いことのように。そして、その体感は嵐のように、僕に降り注ぎ、すぐに僕は忘れてしまう。 なんだこれ。 現実が無意識世界に乗っ取られたみたいな感じ 夢と現実の境が、、曖昧、、 質感がどんどん変わってしまう こわい。 僕は記憶を失ってしまうんじゃないのかってぐらい、無意識世界が押し寄せてくる。そして、現実の記憶が遠のいていく。 


閲覧数:211回

最新記事

すべて表示

悪夢を見た直後のメモ

今朝悪夢を見た。 どうにもそのあと眠れなくなってしまい、その時思ったことをメモしならが眠れるようになるのを待った。 その後、無事眠り、起きてみれば天気もいいし気分も悪くない。改めて、「昼」と「夜」の違いに感嘆する。こんなにも日が出て空が青いことにエネルギーをもらえる。昼の海と夜の海は違う。昼の森と夜の森も違う。 せっかくなので、今朝のメモをペーストしてみる。そのあと少し追記。 (悪夢直下で書いてい

bottom of page