top of page
  • 執筆者の写真ふじおかんたろう

入口のない公園


よく見るとそこに公園がある お茶の水の線路の横の コンクリートの横の 住宅の横の 水路の脇に 入口のない公園がある どうやって入るのかな ベンチもあって、植物も生えている どうやって入るのかな 鳥がそこにいて、日がぽかぽか 入口のない公園でひとり本を読んでいたい よく見るとそこに公園がある シャッターの降りた駄菓子屋を過ぎて 工場の奥の 通学路の脇の バス停の横に 入口のない公園がある どうやって入るのかな 空は青くて、雲が白い どうやって入るのかな サラリーマンが横を歩き去った 入口のない公園にいつかあの子と行ってみたい 


閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示

悪夢を見た直後のメモ

今朝悪夢を見た。 どうにもそのあと眠れなくなってしまい、その時思ったことをメモしならが眠れるようになるのを待った。 その後、無事眠り、起きてみれば天気もいいし気分も悪くない。改めて、「昼」と「夜」の違いに感嘆する。こんなにも日が出て空が青いことにエネルギーをもらえる。昼の海と夜の海は違う。昼の森と夜の森も違う。 せっかくなので、今朝のメモをペーストしてみる。そのあと少し追記。 (悪夢直下で書いてい

bottom of page