top of page
  • 執筆者の写真ふじおかんたろう

多摩川へいく


先日、多摩川へ原付で出かけていった。

海へ行きたいのだけれど、なかなか時間がないので、原付で等々力の不動尊へお参りしてから、そのまま多摩川へ。

僕は東京で生まれ育って、遠いところに故郷のある人でないし、実家の青梅も梅以外なにがあるみたいな場所じゃないのだけれど、多摩川がずっとあった。

東京を横断する一級河川の中で1番好きである。1番裸ん坊のまま流れている感じ。

美しさがゴロゴロと転がってやがる。

久しぶりにカメラ小僧になった。

誰になんと言われようと、石や草や土と過ごす時間が好きなんですねえ。

人間だから人間としてがんばるけど、あの時間は好きなんですねえ。

詩集をもっていったのに、僕の方に言葉が溢れて、あまり読めなかった。


閲覧数:94回

最新記事

すべて表示

悪夢を見た直後のメモ

今朝悪夢を見た。 どうにもそのあと眠れなくなってしまい、その時思ったことをメモしならが眠れるようになるのを待った。 その後、無事眠り、起きてみれば天気もいいし気分も悪くない。改めて、「昼」と「夜」の違いに感嘆する。こんなにも日が出て空が青いことにエネルギーをもらえる。昼の海と夜の海は違う。昼の森と夜の森も違う。 せっかくなので、今朝のメモをペーストしてみる。そのあと少し追記。 (悪夢直下で書いてい

bottom of page