top of page
  • 執筆者の写真ふじおかんたろう

正念場&ジョーン・リバーズ


本番まであと、2週間。

いやーーー

たまに発狂しそうになる。

いきなり小難しい言い方をすると、

まず、前提として僕は、「感情は身体にある」というか、「身体がそのまま感情」、というよいうな、考え方を、している。現状、支持、している。

生きていても、ほんのわずかのことで身体はこわばるし、息も詰まるし胸は苦しくなる、空が晴れてるだけで身体が楽になったり、楽しいだけで健康になったりする。

その繊細な身体のままで舞台上にあがりたいなーと思っている。

ところが、どうにも、ひとり6作品演出家なしは、なかなかプレッシャーが半端ない。ましてや、経験のない歌を歌い続けるわけだから、喉も不安でしょうがない。経験の豊富な人でさえ、喉が心配になるタイムスケジュールだ。そして、僕はズボラなくせにえらく真面目なところがあるので、油断すると「稽古しろ!」と自分を追い詰めてしまう。それが続くと、身体は硬くなるは、喉はしまるわ、というよくない反応が起きる。

稽古はガチでしなきゃいけないという事実と、追い詰めちゃいかんというこの両輪を、その両輪自体を自分でコントロールしないといけないのが、大変なのである。

通常、相手役がいれば、相手役に身を委ねれば、そこに集中していられるし、変に力む必要もない。ところがどっこい、6作品すべてひとりなものだから、自分の身体の状態をフラットにかえてくれる存在がいない。あるいは、自分の身体をかえてくれるのも、少なくとも稽古中においては、自分しかいない。(ひとり芝居以外では、相手役に身体を動かしてもらうのが好きである、理想としたい)

ひゅー!これは難儀だぜー!ひゅー!

と、七転八倒しながらの日々である。

演出のプラン自体はどの作品も想像がついてきたので、あとは、それが形になっているかどうか、ひたすら稽古場に仲間を呼んで意見をもらおうと思っている。(あ、いらしてください)

さて、

本日紹介する演目は、ジョーン・リバーズ。

アメリカの女性コメディアンの草分け的存在。

ジョーン・リバーズ。2014年に亡くなっているので、未だに検索すれば画像は山ほど出てくるし、動画もバンバン出てくる。

脚本は永田正行さん。

ああ、永田さんのスタンダップコメディ観たかったなあ。ご本人が先月やられていた。

永田さんの言葉は丸みがあって、僕は好きなのです。コメディ劇団にいた人間としては、この丸みになんだか親近感を覚えます。

僕の出演した「ひとみゅー」Vol.5からの作品で、オリジナルキャストは、マーシャルクレア風見さん。破壊力抜群の歌で、場を支配してました。逆立ちしたって僕にはできない。なので、僕にできる戦い方をします。というか、したいと思ったから演目に選び、上演するのです。

他の作品の輪郭が見え始めたので、リバーズをガシガシ立ち上げています。ガシガシ立ち上げはじめたら、なんだか僕自身が少し元気になりました。なんだか、そんな作品です。

観終わってそんな気持ちになってもらえれば、少しでも観る前より元気になってもらえれば。僕にとっては、その思いが他のどの作品よりも強いです。そのためだけにやると言っても過言ではない。少なくとも僕はそう解釈してこの作品をやります。とかいうと、なんだかハードル上がるなー。

もうひとつだけ付け加えると、リバーズという人の生き様に肉薄する!みたいなことを第一義に置かないということかも知れません。ある意味、藤田みたいにジリジリつくらないというか。

まあ、言うて、あと2週間、180度戦い方が変わっている可能性だってなくはないですし、結果的にめっちゃリバーズだったみたいなことも起こり得ます。

そのあたりは観てのお楽しみです。

リバーズは、まさかの1回しかやりません。

千秋楽一発勝負。自分でも信じられないですが、1回だけです。

その影響なのか、千秋楽が1番チケットが売れています。

がんばるぞー。

ご予約は、本当にはげみになります。

売り止め近いです。

ご予約はお、は、や、め、にー。

ご予約フォーム

https://www.quartet-online.net/ticket/foujio?m=0hbffbf 

藤尾勘太郎


閲覧数:132回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page