top of page
  • ふじお

藤尾勘太郎ひとり芝居「無茶祭」やります!


いよいよ情報公開になりました。

2018年8月18日(土)〜19日(日)

高円寺K'sスタジオにて

自主企画、やります。

すごーーく簡単にいうと、

ひとりで企画して、ひとりで2日間演じ続けます。

5月に参加しました「ひとり芝居ミュージカル短編集」シリーズより、

僕が演じた藤田含め5作品+新作(!)ひと作品含め、計6作品ひとりで上演します。(ひと作品30分×6)

タイトルもつけておきました。

無茶祭 です!

読み方は、「むちゃさい」でも「むちゃまつり」でも「むちゃふぇす」でも「ちゃなしまつり」でもなんでもいいです。

ついに情報公開しまして、今の気分は

うわーーーーーーいよいよ後戻りできない!!

なんて無茶なことはじめてしまったんだ!です。

ささやかな大きな挑戦です。

22日(金)に、演目や、スタッフ、料金やタイムスケジュール発表します!!!

10月にモラルとの大変な公演もあるのに、その前に同じく大変な公演を用意してしまいました。

ワクワクは止められません。

「なんか無茶なことするらしいじゃん」と、お気にかけていただけたら幸いです。

たった2日間ですが、どうぞよろしくお願い致します!!

以下、広告に載せた文章をここにも載せておきます。↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

無茶がしたい。

こんにちは。 ご存知の方も初めましての方もこんにちは、藤尾勘太郎と申します。 舞台を中心に、のそのそと役者をやっております。

10年間所属していた劇団を最近離れまして、ひとりになって最初の舞台は人生初の個人企画です。

「一人芝居ミュージカル短編集」

という僕の友人・伊藤靖浩が企画する演劇があります。通称「ひとみゅー」。実在の人物を題材とした30分の新作ミュージカルの短編集です。

僕はそのvol.5で、日本の画家「藤田嗣治」を演じました。一人芝居もミュージカルもはじめてでしたから、おそるおそる本番を迎えたわけです。失敗も成功もありました。けれど、それら含めて、一言で言えば、とても、楽しかったのです。「藤田」にはとても愛着があったし、自分が担当した以外の演目でも、あの作品やってみたいなあ、あの歌すてきだなあと思ううち、僕は「ひとみゅー」が終わる頃には、「ひとりで5演目やるぞ」「誰かにやられる前にやるぞ」とこころに決めていました。(というか何人かにはすでに漏らしていました)

そんなわけで「ひとみゅ」のVo1.〜5で生まれた50作品の中から、藤田含め5作品、新作1作品、ひとりで上演いたします。

懸命にひと作品つくった身としてわかっています。6作品は無茶です。まあまあを少しオーバーする無茶です。けれど、どうしても、

無茶がしたかったんです。

むかし僕の好きなあるひとが、 「なんでこの人たち誰に頼まれたわけ でもないのに、こんなことまでやって くれるんだろう、ってものに感動する」 というようなことを言っていて、 それとこれと一緒かどうかわかりませ んが、誰に頼まれたわけでもないのに やることは一緒です。

自分がやりたいから、ワクワクした からおもしろいと思ったから、手を 挙げて、その手を最後まで挙げ続け るって、 大変なことだな、おそろしいことだな、少なくとも僕には。と思っています。 だから、やるんですけど。

この企画が動き出すにあたって、すでに多くの方々の尽力があり、ようやく船が動き出しました。その小さな船に、かなーりイカしたメンバーが乗ってくれました。僕は頭が上がらないので、手だけは挙げ続けて駆け抜けようと思います。

あ。そうだ、最後になりますが、

僕のことをよく知らない方も、お気兼ねなくいらして下さい。

僕の名前ならぼんやり知っている方、「なんとなく舞台で観たことがあるようなー」な方、全然知らないけどSNSでたまたまこの文章を読んでいる方、みなさまもお呼びしています。きっとこわくないので、遊びにいらして下さい。

藤尾勘太郎の「むちゃ」を 観にいらしてください。

って、そもそもまだ情報が足りませんよね。

22日をお待ち下さい。

長々とすみません。 どうか、よろしくお願いいたします。             

藤尾勘太郎


閲覧数:137回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page