top of page
  • 執筆者の写真ふじおかんたろう

穏やかさと憤り


長らくブログを書いていなかった。

別段理由があるわけではなく、舞台でのアウトプットが多くなって、書きたいと思わなかったからだ。

2017年は、僕にとって、僕の内部での小さな変動の年で、多分その変動は2018年、もっと大きく動くのだと思う。

変動する中で、どこか穏やかになった気持ちもあれば、何かが明確になりつつある過程で、憤ることが増えた気がする。  

自分が好むこと、愛する?らしきこと、自分が住む世界、自分が覗く世界について。

「誰か」がいなければ生きていけないけれど、「誰か」のためという、この「〜のため」に陥らないように、関わって生きていたい。あえていうなら「自分のために」。


閲覧数:126回

最新記事

すべて表示

悪夢を見た直後のメモ

今朝悪夢を見た。 どうにもそのあと眠れなくなってしまい、その時思ったことをメモしならが眠れるようになるのを待った。 その後、無事眠り、起きてみれば天気もいいし気分も悪くない。改めて、「昼」と「夜」の違いに感嘆する。こんなにも日が出て空が青いことにエネルギーをもらえる。昼の海と夜の海は違う。昼の森と夜の森も違う。 せっかくなので、今朝のメモをペーストしてみる。そのあと少し追記。 (悪夢直下で書いてい

bottom of page