top of page
  • 執筆者の写真ふじおかんたろう

言葉


どうも。

このサイトを作ったはいいものの、なかなか更新できずに1月も後半に。

全然眠くならないので、こんな時間に更新。

これからは、できるかぎり使っていきたい。

当然、何かしらの告知をこのブログでするこのもあるだろうけれど、僕がここでしたいことは、

僕が、僕の言葉で、僕が話したいことを、書く

ということ。

誰が見ていようと、もしかしたら誰も見てなかろうと、とにかく、誰かに触れられる場所に、僕の言葉を並べてみること。

僕はここ何年か、スマートフォンの「メモ機能」に、何か思いついたり、考えたことを書き込んできた。それは、きっとこれからも同じことをすると思う。

昔は、日記も書いていたが、今はもっぱら「メモ機能」である。おそらく僕には、デジタルな端末を半分軽視しているところがあり、そのことがかえって、僕に気負いなく文章を書かせるのだと思う。「どうせ携帯のメモだから」それは羅列でもいいし、箇条書きでもいいし、3行で終わってもいい。とにかく思いついたまま、言葉がホットなうちにすぐホットなまま書き込める。

ふむ。

ただし、このメモは、あくまでメモであって、なんというか目的は内向的なものである。例えばきっと語り口も。(僕が整理するためだけのものだからね)

そんな言葉をもっと人目に晒したいと思った。

それは僕のために。

言葉をもっと晒したい。

正確には考えていることを。あるいは、僕自身を、晒したい。

それが必要だと思った。

これは去年、いつだったか、そうだ、本番中、劇場まで歩いているときに思ったことだ、

言葉は(本当に)人をあらわす。

言葉はその人だし

言葉をかえると、その人がかわる

そんなことを思った。

言葉への扱い方、届け方、使う言葉。返事の仕方。同じものを見ても、人それぞれ、その体験を伝える言葉は違う。長い文章でその感想を伝える人もいれば、たった一言ですべてを伝えてしまう人もいるだろう。言葉と本人の本音がズレていることもあるだろうし、うまく伝えられない人もいるだろう。

また、言葉の「祝い」や「呪い」の効用も段々と、身をもってわかってきた。

正直今回はそのこと(祝い、呪いについて)を書きたくて、書き始めたんだけど、長くなりそうなので、今回はここまで。

※早く寝なきゃという焦りもあり、かなり文章が欠けていたり、説明が足りない部分もあると思いますが、

皆に読んでもらえるメモだと思って、まずは気軽に書いてみようと思います。

ほなまた。

※あ、写真は、最近プリンタを譲り受けたので、過去一年の「メモ」たちを印刷してみたもの。

藤尾勘太郎


閲覧数:42回

最新記事

すべて表示

悪夢を見た直後のメモ

今朝悪夢を見た。 どうにもそのあと眠れなくなってしまい、その時思ったことをメモしならが眠れるようになるのを待った。 その後、無事眠り、起きてみれば天気もいいし気分も悪くない。改めて、「昼」と「夜」の違いに感嘆する。こんなにも日が出て空が青いことにエネルギーをもらえる。昼の海と夜の海は違う。昼の森と夜の森も違う。 せっかくなので、今朝のメモをペーストしてみる。そのあと少し追記。 (悪夢直下で書いてい

bottom of page